そもそも貿易事務の仕事とは何かを知ろう

どのような仕事か

スーツの人

貿易に関する事務

文字通り、貿易に関する事務業務を行ないます。輸出入を行っているメーカーや商社での事務業務がメインとなってくるでしょう。基本的に業務は輸入と輸出で別れています。どちらの業務でも英語のスキルが必須となるでしょう。輸入に関する業務は商品の納入管理や輸入通関手配、消費税や関税の納付です。また、輸出通関書類の作成や運送便の手配、通関手配や買取などは輸出に関する業務になります。

業務の範囲は様々

職場によって業務の範囲は大きく変わってくるでしょう。転職を考えているなら、基本的に初心者でも始められる職場を探すのが無難です。通関士資格などを持っていると、専門的な業務を行なうことができるでしょう。貿易に関わる資格が行きてきます。また、業務の中では様々な人と関わることになるでしょう。情報の伝達などの業務もこなします。コミュニケーション能力も大切になってくる仕事です。

[PR]

【PR】
貿易事務は英語が必須。
研修があるから安心。

貿易事務を始めたい方に

人形と地球儀

あると便利な資格

貿易事務への就職や転職に有利となる資格についてお教えしているページです。事前に目を通しておくようにしましょう。

READ MORE
男性

女性が多い貿易事務

最近では、女性の方が社会で働く機会が増えてきています。貿易事務は女性の方におすすめの仕事です。理由はココから。

READ MORE

貿易に興味が湧いたら

仕事の内容について理解できたら、今度はどのような人材が求められているのか調べてみましょう。求められている人材が分かれば、就職活動にも役立てることができます。自分が求められている人材なのかどうか見ておきましょう。

求められる人材

基礎的な事務スキル

貿易事務の仕事では、基礎的な事務スキルがとても重要となります。書類の作成を始めとして、英文でのメール作成も行なうことになるでしょう。さらに、電話対応も必須です。また、パソコンを使うことができなければ、業務をこなすことができません。基本的な事務スキルが必須となるのです。特に、受発注の事務スキルがあればより働きやすいといえます。事務経験がある方にとっては、転職しやすい仕事と言えるのです。

英語力が生きる

基本的に貿易事務は外国とのやり取りとなります。したがって、自然と英語のスキルが必要となってくるのです。メールや書類の作成は殆ど英語でしょう。また、メールや書類を解読する必要もあります。電話対応も、もちろん英会話にて行うでしょう。基本的に資格を必要としない仕事なので、英語が得意な方には向いていると言えます。実務経験がある方なら、大きなチャンスを掴むことができるでしょう。

コミュニケーション能力

貿易事務の仕事では、基本的な事務業務の実務経験が必要となるでしょう。ですが、もう一つ大切なことがコミュニケーション能力です。多くの方と関わる仕事なので、仕事を円滑に進めるには高いコミュニケーション能力が必要となるでしょう。国内外の方とコミュニケーションを取る必要があるのです。ただ、コミュニケーション能力は、鍛えることができます。今からでも、積極的にコミュニケーションを取るようにしましょう。